image

私たち三友会が考える医療機関としてのCSR(企業の社会的責任)

近年、医療水準の進歩は目覚ましいものがあり、我が国は、世界一の長寿国となりました。

年をとっても元気で健康でいたい誰もが願っていることです。

当クリニックでは、健康に暮らしてゆけるための支援として、特に生活習慣病の予防を重視し

健康診断による健康管理を指導させていただきます。

また、外来診療においても、インフォームド・コンセントを充分おこなったうえで、小回りのきく

心のこもった治療を受けていただきます。

さらに、働く方々の健康管理についても、労働衛生に精通している労働衛生コンサルタント・

認定産業医など経験豊かな専門家が取り組んでいます。

私たちは、最先端医療機器とともに、日々研鑚を積んだ専門スタッフにより、どなたからも信頼

され、安心していただける、何でもできる「かかりつけ医」をめざしております。

1.患者様・受診者・事業所に対する責任

常に誠実であり、どなたからも信頼され、安心していただける、なんでも相談できる「かかりつけ医」を目指してまいります。

一般健診、特殊健診、学校健診、主婦健診、各種予防接種などお客様のニーズに合わせ、幅広く良質な医療の提供をおこなってまいります。

常に最先端の医療機器、医療技術、精度の高い医療を目指すため、日々の研鑚し 医療機関に従事する者として、それぞれの分野で能力向上のため講習会・研修会等に参加し、 意識の向上を図り、より良質な医療サービスを目指してまいります。

診療・健康診断結果により、生活習慣病の予防を重視した健康管理を指導してまいります。

労働衛生サービス機能評価の認証・個人情報保護対策のためのプライバシーマーク取得 により、精度管理の外部評価を得て医療機関として品質の高い客観的評価がいただける よう日々努力を惜しみません。

医療法人財団として、公共性を重視し法令遵守を徹底した事業運営をおこなってまいります。

2.理事・評議員・職員に対する責任

理事・評議員・職員が意欲をもって、安心して職務に専念できるよう職場環境を整え、日々の 業務や講習会・研修会を通じてレベルアップをサポートしてまいります。

役職員の心と体の健康管理を充実させ、福利厚生に配慮し健康で働ける医療機関を 目指してまいります。

役職員の教育を充実させ、次世代へ繋げていける人材育成を充実してまいります。

3.ビジネスパートナーに対する責任

全ての取引先をパートナーとして尊重し、対等かつ誠実な対応により信頼・協力関係の維持 に努めてまいると共に、優越的な立場を利用し不当な利益を追求しません。

ビジネスパートナーとの協働は、それぞれ本業のメリットを活かし、新たな社会的価値を 創生する可能性を伸ばしていく努力をいたします。

4.地域住民に対する責任

地域に根ざした、地域医療を支え、守る、地域コミュニティの核となる医療を目指してまいります。 他の医療機関との連携を保持し、地域の皆様の要請に応えていきます。

5.社会・医療業界に対する責任

日々の診療・健診から、様々な病気を早期発見・治療し 皆様がより豊かな人生が送れる社会になるよう努力してまいります。

医療業界発展のため、講演会の開催・業界団体との勉強会等、互いに切磋琢磨しレベル アップを目指してまいります。

6.環境に対する責任

廃棄物処理をルールに従い適正に処理してまいります。 環境負荷・CO2の排出削減を目的に、社員一同前年度排出を下回るようデータの電子化等 ペーパーレスの拡大・印刷物の削減等環境保全に努めてまいります。

平成24年10月1日
医療法人財団 三友会
理事長 佐野 元春

COPYRIGHT © FUKAGAWA GATHARIA CLINIC. ALL RIGHTS RESERVED.